DJ KYOKO, 津軽三味線, ジャズ…今週聴いた音楽まとめ


訳あって今週は仕事でひたすらデータ登録してました。単調な作業だから音楽は必須。いろいろたくさん聴きました。
そんなわけで、今週聴いていた良質な音楽をひたすら貼るだけのエントリです。バラエティ豊かでいい特集になってると思う。

【今週の推しメン】 DJ KYOKO

まずはEDMから。いまハマってるDJはこの人です。はいどうぞ。

ライブ撮ったやつだから全然音よくないんだけど、なのに、なんなのこの体揺れちゃう感じ。原宿にいそうなかわいい見た目なのに、タバコふかしながら骨太なサウンドを聴かせてくれます。買おうかどうか迷っていた新作がTSUTAYAに置いてあったから借りてみたらドストライクでした。最高の音を爆音で聴きたいからたぶんちゃんと買うと思う。

ディープでいながら、強烈な中毒性を持ったDJミックスが展開されている。腰にまとわりつくような淫靡なベースライン、いちどハメられたら逃れることのできない中毒性の高いイーヴンキック、思わず「ひょー!」と声を上げたくなる男前でクールな切り替えしや展開。

出典:時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

【鉄板EDM】 Swedish House Mafia

DJといえばこの人も紹介。有名どころですいませんが鉄板なんでね。

CDはこれ一枚買っとけばOKだけど、輸入版より日本版、それよりも何よりもiTunesで買うのをおすすめします。1時間ほどのノンストップミックスと、ドエロいの含むPV2本がついてくるから。でも一応貼っとく。

【オトクなPodcast】 Spinnin’ Sessions

DJシリーズの最後はPodcastで。以前 “Sander Van Doorn” を紹介しましたが、今回は Spinnin’ Records というレーベルがリリースしたもの。今週までに4本出てます。有名曲ばかりをタダで1時間聴けるのは凄い。

さて、ここからはガラッと雰囲気変えていきましょう。アナログな音を集めてみました。

【ニッポン】 津軽三味線

春から夏にかけての時期は、弦の音色が恋しくなります。すがすがしい感じ。そしてなぜか三味線にはまってしまった。

津軽三味線といえばこの人。高橋竹山さん。

若くて才能あふれる人も育ってます。はなわちえさん。

【スペイン】 スパニッシュギター

こちらの弦もいい。爽快。Rodrigo y Gabriela という2人組のユニットで、映画パイレーツ・オブ・カリビアンの楽曲も演奏しています。窓全開にしてこれかけてドライブとかほんと気持ちいいです。

【ジャズ】

ちゃんとたまにはジャズも聴いてます。たぶん中級者向け。

Thad Jones – Scratch

Tina Brooks – True Blue

いやーたくさん聴いたなー。ぼくと同じように「あ、これいい!」って思ってもらえたらこんな嬉しいことはありません。コメントしてくれたらそれはもう泣いて喜びます。相変わらずの誰得エントリですが、またいいの見つけたら紹介しますね( ´ ▽ ` )ノ