長野の山奥に行って帰ってきたら都会が窮屈すぎて鶏小屋かと思った話。

  • Date : 2018/03/19 20:47
  • Category : Timeline
  • Tag :

久しぶりの投稿で何をいきなり、って感じですが。
しかもタイトルに全部書いちゃってますが。

こんにちは。僕です。

事の発端は3月上旬。
友人が八ヶ岳への移住を目論んでいるとのことで、
なかなかクレイジーだしおもしろそうと思って、一緒に蓼科に行ってきました。

蓼科はヴィーナスラインという有名なドライブコースがあったり、
山々がめちゃめちゃ美しいからということで、
雪に降られるリスクを承知で、多少寒くても幌開けて景色楽しもうと思って。
あえて僕のロードスターで行ったんですけどね。

一寸先は霧。

・霧で一寸先どころかもう鼻の先まで見えなかったり、
・それなのに花粉症は健在で箱ティッシュ抱えてたり、
・帰りは期待を大幅に上回る猛吹雪だったり、
・雪が止んでも路面凍りそうで1時間くらい10km/h走行したり、
と散々な旅だったわけです。笑

八ヶ岳の山々方面。

でも、そんな天気でもやっぱり何となく分かるわけで。
のびのびした空間で、人もいいし、飯もうまいし、

まじで飯がめっちゃうまいんすよ。

野菜とかは自給自足に近いから、
採れたてのいいものをいい感じに食わしてもらえるんですよね。
宿のご主人が作った手前味噌を使った、なずなが入った味噌汁が
爆発的にうまかったなぁ・・・

そんなわけで、田舎っていいなぁって思って帰ってきました。

そしたら帰り道。
緑がどんどんなくなって、
建物がどんどん増えていって、
しまいにはありえないほど窮屈に建物が並びだして、
マンションなんか見てると鶏小屋か!って思いました。
一歩も動けなくて飯食って卵産みまくるやつ。
(写真は自重)

そんなわけで、ひょっとすると僕もそのうちいきなり
田舎へ移住するなんてことも起こりうるんじゃないでしょうか。

なーんてね。どうなるんでしょうね!
(まとめの雑さは昔から変わらない)

家紋を知って考えた。日本の伝統を受け継ぐのは誰なんでしょうね。


一つひとつ、確実に。始まりはすべて小さい。

  • Date : 2016/05/16 22:39
  • Category : Timeline
  • Tag :

5月のはじめにモータースポーツ観戦に行ってからというもの、すっかりはまってしまいました。とてもいいなと思うのは、チーム、ドライバー、レースクイーン、そしてファンの皆さんが、継続的にtwitterやブログで発信を続けていること。一流の人たちが等身大の姿を見せてくれて、とても刺激を受けています。

その中でも特に驚いたことは、レースクイーンの皆さんの思いと行動力。男だからきれいな女性に惹かれるのは当たり前ですが(笑)、いつも明るく美しくいることはもちろん、一途に夢を追いかけ、大変なことにも負けずに努力し続けていることを知ったら、生半可な気持ちじゃ応援し続けられません。ほぼ毎日twitterやブログを更新し、ファンがいるということを常に意識した発言をされていたり、本当にすごい。どうしてそんなことができるんだろう…

僕の好きな言葉に「始まりはすべて小さい」という言葉があります。一見すごい人や大きなことにも必ず始まりというものがあって、それは今のあなたと何も変わらない、だからあなたも未来を信じて一つずつ努力を積み重ねればいいんだよ。そんな意味だと思っています。一流の人たちにはたくさんのファンがいるからそれに応えるためにがんばっていると思いがちだけど、きっとそういう人たちは、まだファンがいないうちから同じことをしてきたんだろうなって思います。

そういった一つひとつのことを確実に(ガンバルのではなく楽しみながら)やっていくことが、大きな結果を生むんだろうなぁ。


ジムに通い始めました。

  • Date : 2016/05/16 08:45
  • Category : Timeline
  • Tag :

ジム通いを始めました!

誰しもが素敵な異性に惹かれるし、より素敵な人に好まれる自分になりたいと思うものです。究極的には人間性が魅力的であるべきだと思うけれど、見た目も重要なファクターの一つであることは否定できない真実だと思います。男性であれば、筋肉がしっかりついていて頼れる感じ。女性であれば、メリハリのあるカラダと綺麗な肌。そういうものは生まれ持ったものもありますが、きっちりとやるべき努力をしているかどうかが大きい。例をあげれば、美しいモデルさんは皆、定期的にジムに通い、しっかりと栄養バランスの良い食事をとり、肌の手入れをし、睡眠もきちんととっている。

僕もそういうことをきちんとできる人になりたいと思いました。だからジム通いを始めました。きっかけは座りっぱなしの仕事を数ヶ月続けて、お腹が気になってきたから。このままこの生活を続けたら、メタボなオジサンになってしまうと思った。でも根底にあるのは、そういう不健康な人になりたくないというネガティブなものではなくて、異性からも同性からも尊敬され憧れる外見を手に入れ、その過程にある「やるべきことをきちんとやる」メンタリティを身につけたいという思いです。

継続は力なり。週に2〜3回のペースできっちり続けていこう。


過ぎゆく日々のログをとるということ

  • Date : 2015/12/16 18:59
  • Category : Timeline
  • Tag :

結論から先に言うと、このブログをこれからもっとうまく使い倒していこうという記事です。

なぜこのブログを始めたのか、そしてこれからどのように使っていくのか、そのあたりの考えをまとめておこうという趣旨です。

このブログを始めたきっかけ

ウェブ制作の世界に入ろうとこのブログを立ち上げてからはや3年近くになります。

遡れば、高校では理系を選択し、大学は経済学を専攻。音楽は好きでしたが、自分が仕事としてクリエイティブ関連の分野に進むとはこれっぽちも思っていませんでした。

転機を迎えたのは大学卒業の少し前。学生団体として途上国支援に関わる中で、広告とか広報とか、要するに人に自分たちの活動を知ってもらうという作業の中で、紙媒体のデザインやウェブでの活動戦略を考えたことがきっかけです。さらに3.11を経験し、ウェブが持つ可能性を直感し、この世界へ進もう、と大幅な路線変更をしました。

高校や大学の同級生は、投資(良い学校に入ったこと)を生かして一流企業や公務員という道(良い会社に入ること)を選んでいくわけですが、僕はゼロからのスタートです。例えば制作会社に入るためにはポートフォリオ(作品集)が必要ですが、もちろんそんなものはありません。

そこで、デザイン、コーディング、サーバーやドメインなどウェブの基本、それに加えてシェアを伸ばしていたWordPressにも手を出し、このブログを作ることで一通りの知識とスキルを得ました。

会社に入ってからはというと、引き続きスキルや技術を伸ばすために、実質的には技術ブログ的な位置付けで記事を書いてきました。以来、アクティビティモニタについてまとめた記事や、図らずも前職のコーヒーの知識を生かした記事が、未だに多くの方に読んでいただけているという状況です。

ところが今年に入って転職してホームページ制作から離れたことで、ブログを更新するモチベーションを失っていました。このブログをどうすればいいか。そんなことをゆるく考えてきましたが、そろそろ考えがまとまってきたので、アウトプットしておこうと思ったのです。

思考を記録するということ

仕事をしていると、日々の仕事に追われ、気がつくと一週間が終わります。気を抜いていると一ヶ月が終わり、いつの間にか季節が変わっています。

facebookのおかげで、日常の中のちょっとした非日常(誰々と会ったとか、どこどこに行ったとか)を記録する文化はできあがってきました。ところが、自分の思考を記録しておくには物足りない。ある程度文章化して残しておいて、必要に応じて取り出すには、やはりブログというツールが良いのでしょう。

さらにブログの効用は続きます。

まず、紙につける日記よりも便利です。ライティングスピードよりもタイピングスピードのほうが早い。手首が疲れない。ブラウザがあればいつでもどこでも過去の記事を見返せる。

そして自分だけでなく他の人が読むことができます。感情や思考の記録は一見大した役に立たないかもしれませんが、ちきりんさんの日記など、僕にとっては大きく役に立つものもあります。(自分がちきりんさんのように人に影響を与えるほどの思考ができるかどうかは別問題)

最後に、これは目的ではないのですが、広告を設置してお小遣い稼ぎができる可能性がある。収入が増えるということは、ブログを見ている人が多いということ。つまり、自分の知見が人の役に立てるということなので、精神的にも良いです。

まとめ

というわけで、何でもいいので書き続けようと思います。ブログをどうしていこうか、つまり何かに特化したメディアにすべきかどうかとか考えた時期もありましたが、めんどくさくなってやめました。単純に思考のアウトプットの場として、ジャンルバラバラに書いていければオッケーです。

ではまた近いうちに!


ブログとfacebookとtwitterの使い分けについて考えてみた。


ブログの使い方。

ブログは雑誌だと捉えています。特集があって、その他のコラムがあって。ぼくはライターかつ編集者です。

雑誌の特集にあたるのが、このブログの3本の柱。IT(特にWordPress)、ニッポン、コーヒーです。これに関しては、検索でひっかかる(雑誌ならば店頭で手に取ってもらえる)ように、しっかりと作り込んでいきたい。そしてもちろん、探している方に答えやヒントを与えられる内容でなければなりません。

一方、コラムにあたるのは、facebookで簡単にシェアできるようなものです。このサイトに載っていたこういう話がおもしろいとか、日々の中で体験したことだとか。コラムはブログに来た方がついでに読んでくださり、何かしらインスピレーションを与えられればそれでオッケーだと考えています。

続きを読む


Page 1 / 412»