友とビールと肉と二日酔い。2013年のGWを振り返ってみた。


ゴールデンウィークが終わりました。2013のそれは、これまでの人生で最高のGWでした。

旧友との絆を確かめ、新たな出会いを楽しみ、うまい酒と飯を食らう毎日。楽しさや幸せがぎゅっと凝縮されていて、まだ頭が混乱しています。

今朝は整理がてら、ばーっと振り返って感謝を綴っていきます。写真あり。

GW前半まとめ。

結婚式ムービー作成の打ち合わせをしました。

スターバックス時代の友人同士が結婚します。めでたい!(((o(*゚▽゚*)o)))というわけで、式で使うムービーを制作することになりました。そこで新郎新婦とカフェでお茶をしながら、ムービーで使う写真の選定をしました。

候補として持ってきてくれた写真は数百枚。ぼくが知らない二人の記憶を目の前にして、鳥肌が立ちました。それぞれが別々の人生を歩んできて、スターバックスで二人の人生が交差し、そしてこれからもずっと一緒に歩んでいく。写真は静かにその奇跡を物語っていました。

写真のチカラってすごい。これからの二人の人生を、写真を撮ることを通じて、ぼくも応援し続けたいと思いました。

スターバックスのお客さんと同僚と飲みに行きました。

在職中親しくさせていただいた方と同僚と3人で飲みに行きました。今回は退職後のお礼飲み第3弾。野菜とワインが美味しい店で飲み語らいました。歳が近いこともあり、くだらない話をしたり、ちょっとまじめに夢の話をしたり。サプライズで同僚の誕生日祝いをしたり。尊敬できる人と知り合えた幸せを感じました。

会社の上司、同僚、その友人とBBQに行きました。

木曽三川公園というところでBBQをしてきました。完璧な天気の中、ゆったりとした時間を過ごしてきました。アウトドアいいね!この後、会社のブログで初めて記事を書かせていただきました。それがこちら

20130501_bbqreport_00-300x300

GW後半まとめ。

東京からさくちゃんがきました。

5月2日から5日の朝まで、大学時代に出会った友人(櫻井だからさくちゃん)が名古屋に遊びに来ました。怒濤のGWの幕開けです。ここから淡々と時系列で。

5月2日

仕事を終えてさくちゃんとその友人と合流。期間限定、栄で開催されていたベルギービールウィークエンドに行ってきました。その後でぼくの友人も合流、4人でホームパーティーしてお泊まり。念願のDJデビューも果たしました(家で)。

20130506_2013gw_03

5月3日

二日酔いで昼まで寝ていて、午後から栄の街を観光。ぶらぶら歩いたあとで、まさかのベルギービールウィークエンド再訪。さくちゃんの友人とばったり会ったり、ぼくの友人も来てたり、いつの間にか大所帯でパーティー。

20130506_2013gw_02

この後さくちゃんの別の友人(とびきりの美人)とホテルのバーでお酒を飲んで、さらにまた別のパーティーに顔を出して帰宅。ふぅ。

5月4日

さくちゃんは大阪行きをキャンセルして滞在3日目。ぼくの友人の料理の先生が主催するガーデンパーティーへ。人生で一番おいしいBBQでした。

20130506_2013gw_05

さすがに疲れが出て家でまったりした後、なぜかまた別のぼくの友人が来て男4人で飲み会。翌日二日酔い。

5月5日

さくちゃんは朝帰りました。昼まで寝て、午後は酔い覚ましを兼ねて名駅までサイクリング。東急ハンズに、知り合いがお世話になった農家さんが販売応援に来ている情報を得たので挨拶。地域発の素敵な取り組みをされている方です。

20130506_gw_06

5月6日

実家へ帰って談笑。おかんもおとんも年々まるくなってる。笑

出会いに感謝。GWまとめ

どこどこへ遊びに行ったとか、うまいもん食ったとか、もちろんそれもあります。でも一番幸せだと思ったのは、たくさんの人と出会えたこと、そしてその出会いを心から楽しんでいる自分がいたことです。

長年かけて自分のミッションをはっきりさせました。仕事だけじゃなくてプライベートも、そのミッションに基づいた過ごし方(写真を撮るとか、夢の話をするとか)ができて、一瞬も無駄な時間がなかったように思います。二日酔いは勘弁ですが。

本当は、今年のGWは勉強の時間に充てるつもりでした。お誘いはすべてお断りするつもりでした。でも誘惑に負けたというか、まとまった休みにしかできないミッション体現の機会だと感じて、人との出会いに時間とお金を使いました。

今日からは、予定より遅れた勉強やデザインをこつこつ進めていきます。また来るであろう新しい出会いに備えて、もっともっと自分を磨いておかないとね。数々の出会いとモチベーションをもってきてくれたさくちゃんに、改めてありがとう。そして出会ったみなさんに感謝。2013年のゴールデンウィーク、これにて終了です!

Thank you, Saku!!

Thank you, Saku!!