gutchinoのブログ

Page 3 of 18

筋トレもダイエットもどんとこい!カラダづくりの知識と経験をシェアする新企画 "BODY MAKING LOG" スタート!

2016年の春にジム通いを始めて1ヶ月が経ちました。きっかけ・動機はこちらの記事「ジムに通い始めました。」に書いています。

この1ヶ月でたくさんのことを得ました。その知識や経験を細々とツイッターでシェアしてはいましたが、きちんと体系的にまとめてブログにすれば、価値のある情報になるんじゃないかと思っています。そこで「BODY MAKING LOG」なる新連載を始めることにしました。今回はそのイントロダクションとして、概要をさらりと書き留めておきます。

ジム通いを始めて得られたこと

ワークアウトを中心とした新しい生活習慣!

社会人になってからの僕の生活は、会社→飲む→寝る→の繰り返しでした。複業をする日は、会社と飲みの間に複業が入るので、寝るのが遅くなるパターン。いわゆる夜型です。

ところが、ワークアウトを始めると、夜型では立ち行かなくなります。というか夜更かし無理。きちんとワークアウトすれば、疲れですぐに寝てしまいます。会社帰りにジムに行き、帰ったらすぐ寝てしまうので、当然他のことは夜できません。だから朝起きてからやることになります。筋肉や体力の回復のために睡眠時間も7時間以上にしているので、結果として朝気持ちよく起きられるようになり、スッキリした状態でやるから、何事もはかどるはかどる。気づいたら朝型になっていました。

つまり、ジムにいくことで
・運動の習慣
・早寝の習慣
・早起きの習慣
・仕事を朝やる習慣
が身についたんです。

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

– ヒンズー教の教え(出典:野村克也著『野村ノート』)

うん、いい感じ。

トレーニングの正しい知識

何事も凝り性なもので、トレーニングもついついかたっぱしから情報を集めてしまいます。

書籍、雑誌はもちろん、今はYouTubeもあります。正しいトレーニングの知識を得て、その通りに実行すれば、
・より早く結果をだすことができます。
・ケガのリスクを最小限に抑えることができます。

で、この知識群は膨大で複雑に絡み合っているので、別途体系的に記事にします。

食事の知識

正しくトレーニングをしていれば、理想のカラダが手に入るかというと、僕は「NO」と答えます。カラダづくりの基本は食事です。ここでひとつ、当たり前だけど目からウロコな方程式を紹介します。

160604_taisha

つまり、こういうことです。

筋肉をつけたければ、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っていなければいけない。
食べる量が同じまま、運動を増やすと、やせます(笑)

やせたければ、
①食べる量を減らす。
②基礎代謝を上げる。
③運動を増やす。

食べる量を減らすのは難しいです。なぜなら、ビタミンやミネラルなど、
もともと不足しがちな栄養素まで減らすことになり、カラダをこわしやすいです。
あと、ガマンするのはココロによくないでしょ。

なら③の運動だ!走るぞ!と思いがちですが、ちょっと待って。

日々のエネルギー消費の7割を占める基礎代謝。
これは筋肉量を増やすことで上げることができると言われています。
つまり、筋トレをすれば基礎代謝も増えて、運動にもなる。
一方、走ると確かに運動エネルギーを消費しますが、
カラダのベースができていないうちにやると、リバウンドしやすくなります。

というわけで、よく食べよく鍛えよく寝ることが
健康への王道だと思っています。

ここまで読めばお分かりだと思いますが、
これって筋肉大好きな男性だけの話ではありません。
いつまでも健康で美しいカラダを求める女性にも十分あてはまることです。

※モデルの友達は、日頃からジムに通い、筋トレとランをするのが当たり前だと言っていました。
 やっぱりキレイな人はきちんとすべきことをやってるんですよね。

会社員が真面目に筋トレに取り組むという経験

このセクションはたいしたことないです。それは。。。

平日にオーバーワークすると同僚から苦笑いされます(笑)

僕はデッドリフトバリバリやったら、
2日後に大変なことになって苦笑いされました。

ということで、今は会社に影響が出ないようにセットを組んでいます。
具体的にどんなものかは改めて記事にします。

まとめ

ここまでお読みくださりありがとうございます!
今回は広く浅く、ざーっと流してきましたが、
これからはひとつひとつのテーマを掘り下げて書いていきます。
次回の更新をお楽しみに!

KEEP LOGICAL, BE EMOTIONAL!!

筋トレもダイエットもどんとこい!カラダづくりの知識と経験をシェアする新企画 “BODY MAKING LOG” スタート!

2016年の春にジム通いを始めて1ヶ月が経ちました。きっかけ・動機はこちらの記事「ジムに通い始めました。」に書いています。

この1ヶ月でたくさんのことを得ました。その知識や経験を細々とツイッターでシェアしてはいましたが、きちんと体系的にまとめてブログにすれば、価値のある情報になるんじゃないかと思っています。そこで「BODY MAKING LOG」なる新連載を始めることにしました。今回はそのイントロダクションとして、概要をさらりと書き留めておきます。

ジム通いを始めて得られたこと

ワークアウトを中心とした新しい生活習慣!

社会人になってからの僕の生活は、会社→飲む→寝る→の繰り返しでした。複業をする日は、会社と飲みの間に複業が入るので、寝るのが遅くなるパターン。いわゆる夜型です。

ところが、ワークアウトを始めると、夜型では立ち行かなくなります。というか夜更かし無理。きちんとワークアウトすれば、疲れですぐに寝てしまいます。会社帰りにジムに行き、帰ったらすぐ寝てしまうので、当然他のことは夜できません。だから朝起きてからやることになります。筋肉や体力の回復のために睡眠時間も7時間以上にしているので、結果として朝気持ちよく起きられるようになり、スッキリした状態でやるから、何事もはかどるはかどる。気づいたら朝型になっていました。

つまり、ジムにいくことで
・運動の習慣
・早寝の習慣
・早起きの習慣
・仕事を朝やる習慣
が身についたんです。

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

– ヒンズー教の教え(出典:野村克也著『野村ノート』)

うん、いい感じ。

トレーニングの正しい知識

何事も凝り性なもので、トレーニングもついついかたっぱしから情報を集めてしまいます。

書籍、雑誌はもちろん、今はYouTubeもあります。正しいトレーニングの知識を得て、その通りに実行すれば、
・より早く結果をだすことができます。
・ケガのリスクを最小限に抑えることができます。

で、この知識群は膨大で複雑に絡み合っているので、別途体系的に記事にします。

食事の知識

正しくトレーニングをしていれば、理想のカラダが手に入るかというと、僕は「NO」と答えます。カラダづくりの基本は食事です。ここでひとつ、当たり前だけど目からウロコな方程式を紹介します。

160604_taisha

つまり、こういうことです。

筋肉をつけたければ、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っていなければいけない。
食べる量が同じまま、運動を増やすと、やせます(笑)

やせたければ、
①食べる量を減らす。
②基礎代謝を上げる。
③運動を増やす。

食べる量を減らすのは難しいです。なぜなら、ビタミンやミネラルなど、
もともと不足しがちな栄養素まで減らすことになり、カラダをこわしやすいです。
あと、ガマンするのはココロによくないでしょ。

なら③の運動だ!走るぞ!と思いがちですが、ちょっと待って。

日々のエネルギー消費の7割を占める基礎代謝。
これは筋肉量を増やすことで上げることができると言われています。
つまり、筋トレをすれば基礎代謝も増えて、運動にもなる。
一方、走ると確かに運動エネルギーを消費しますが、
カラダのベースができていないうちにやると、リバウンドしやすくなります。

というわけで、よく食べよく鍛えよく寝ることが
健康への王道だと思っています。

ここまで読めばお分かりだと思いますが、
これって筋肉大好きな男性だけの話ではありません。
いつまでも健康で美しいカラダを求める女性にも十分あてはまることです。

※モデルの友達は、日頃からジムに通い、筋トレとランをするのが当たり前だと言っていました。
 やっぱりキレイな人はきちんとすべきことをやってるんですよね。

会社員が真面目に筋トレに取り組むという経験

このセクションはたいしたことないです。それは。。。

平日にオーバーワークすると同僚から苦笑いされます(笑)

僕はデッドリフトバリバリやったら、
2日後に大変なことになって苦笑いされました。

ということで、今は会社に影響が出ないようにセットを組んでいます。
具体的にどんなものかは改めて記事にします。

まとめ

ここまでお読みくださりありがとうございます!
今回は広く浅く、ざーっと流してきましたが、
これからはひとつひとつのテーマを掘り下げて書いていきます。
次回の更新をお楽しみに!

KEEP LOGICAL, BE EMOTIONAL!!

一つひとつ、確実に。始まりはすべて小さい。

5月のはじめにモータースポーツ観戦に行ってからというもの、すっかりはまってしまいました。とてもいいなと思うのは、チーム、ドライバー、レースクイーン、そしてファンの皆さんが、継続的にtwitterやブログで発信を続けていること。一流の人たちが等身大の姿を見せてくれて、とても刺激を受けています。

その中でも特に驚いたことは、レースクイーンの皆さんの思いと行動力。男だからきれいな女性に惹かれるのは当たり前ですが(笑)、いつも明るく美しくいることはもちろん、一途に夢を追いかけ、大変なことにも負けずに努力し続けていることを知ったら、生半可な気持ちじゃ応援し続けられません。ほぼ毎日twitterやブログを更新し、ファンがいるということを常に意識した発言をされていたり、本当にすごい。どうしてそんなことができるんだろう…

僕の好きな言葉に「始まりはすべて小さい」という言葉があります。一見すごい人や大きなことにも必ず始まりというものがあって、それは今のあなたと何も変わらない、だからあなたも未来を信じて一つずつ努力を積み重ねればいいんだよ。そんな意味だと思っています。一流の人たちにはたくさんのファンがいるからそれに応えるためにがんばっていると思いがちだけど、きっとそういう人たちは、まだファンがいないうちから同じことをしてきたんだろうなって思います。

そういった一つひとつのことを確実に(ガンバルのではなく楽しみながら)やっていくことが、大きな結果を生むんだろうなぁ。

ジムに通い始めました。

ジム通いを始めました!

誰しもが素敵な異性に惹かれるし、より素敵な人に好まれる自分になりたいと思うものです。究極的には人間性が魅力的であるべきだと思うけれど、見た目も重要なファクターの一つであることは否定できない真実だと思います。男性であれば、筋肉がしっかりついていて頼れる感じ。女性であれば、メリハリのあるカラダと綺麗な肌。そういうものは生まれ持ったものもありますが、きっちりとやるべき努力をしているかどうかが大きい。例をあげれば、美しいモデルさんは皆、定期的にジムに通い、しっかりと栄養バランスの良い食事をとり、肌の手入れをし、睡眠もきちんととっている。

僕もそういうことをきちんとできる人になりたいと思いました。だからジム通いを始めました。きっかけは座りっぱなしの仕事を数ヶ月続けて、お腹が気になってきたから。このままこの生活を続けたら、メタボなオジサンになってしまうと思った。でも根底にあるのは、そういう不健康な人になりたくないというネガティブなものではなくて、異性からも同性からも尊敬され憧れる外見を手に入れ、その過程にある「やるべきことをきちんとやる」メンタリティを身につけたいという思いです。

継続は力なり。週に2〜3回のペースできっちり続けていこう。

Google カレンダーの「ゴール」機能は、重要だが緊急でないことを無理やりスケジューリングしてくれて便利!

2016年に追加された、Google カレンダーの新機能のご紹介です。
やられた!って感じです。

その名も「ゴール」。運動・スキルアップ・友達や家族・自分のための時間・生活の整理という5つのジャンルから、自動的にスケジュールを確保するという機能です。メンドクサイ、別にやらなくても誰にも怒られない、でも人生でとっても大切なこと。それを自動で、しかも割と親しみやすい感じでスケジューリングしてくれます。

(以下、少しずつ時間を作って順次追記していきます!)

過ぎゆく日々のログをとるということ

結論から先に言うと、このブログをこれからもっとうまく使い倒していこうという記事です。

なぜこのブログを始めたのか、そしてこれからどのように使っていくのか、そのあたりの考えをまとめておこうという趣旨です。

このブログを始めたきっかけ

ウェブ制作の世界に入ろうとこのブログを立ち上げてからはや3年近くになります。

遡れば、高校では理系を選択し、大学は経済学を専攻。音楽は好きでしたが、自分が仕事としてクリエイティブ関連の分野に進むとはこれっぽちも思っていませんでした。

転機を迎えたのは大学卒業の少し前。学生団体として途上国支援に関わる中で、広告とか広報とか、要するに人に自分たちの活動を知ってもらうという作業の中で、紙媒体のデザインやウェブでの活動戦略を考えたことがきっかけです。さらに3.11を経験し、ウェブが持つ可能性を直感し、この世界へ進もう、と大幅な路線変更をしました。

高校や大学の同級生は、投資(良い学校に入ったこと)を生かして一流企業や公務員という道(良い会社に入ること)を選んでいくわけですが、僕はゼロからのスタートです。例えば制作会社に入るためにはポートフォリオ(作品集)が必要ですが、もちろんそんなものはありません。

そこで、デザイン、コーディング、サーバーやドメインなどウェブの基本、それに加えてシェアを伸ばしていたWordPressにも手を出し、このブログを作ることで一通りの知識とスキルを得ました。

会社に入ってからはというと、引き続きスキルや技術を伸ばすために、実質的には技術ブログ的な位置付けで記事を書いてきました。以来、アクティビティモニタについてまとめた記事や、図らずも前職のコーヒーの知識を生かした記事が、未だに多くの方に読んでいただけているという状況です。

ところが今年に入って転職してホームページ制作から離れたことで、ブログを更新するモチベーションを失っていました。このブログをどうすればいいか。そんなことをゆるく考えてきましたが、そろそろ考えがまとまってきたので、アウトプットしておこうと思ったのです。

思考を記録するということ

仕事をしていると、日々の仕事に追われ、気がつくと一週間が終わります。気を抜いていると一ヶ月が終わり、いつの間にか季節が変わっています。

facebookのおかげで、日常の中のちょっとした非日常(誰々と会ったとか、どこどこに行ったとか)を記録する文化はできあがってきました。ところが、自分の思考を記録しておくには物足りない。ある程度文章化して残しておいて、必要に応じて取り出すには、やはりブログというツールが良いのでしょう。

さらにブログの効用は続きます。

まず、紙につける日記よりも便利です。ライティングスピードよりもタイピングスピードのほうが早い。手首が疲れない。ブラウザがあればいつでもどこでも過去の記事を見返せる。

そして自分だけでなく他の人が読むことができます。感情や思考の記録は一見大した役に立たないかもしれませんが、ちきりんさんの日記など、僕にとっては大きく役に立つものもあります。(自分がちきりんさんのように人に影響を与えるほどの思考ができるかどうかは別問題)

最後に、これは目的ではないのですが、広告を設置してお小遣い稼ぎができる可能性がある。収入が増えるということは、ブログを見ている人が多いということ。つまり、自分の知見が人の役に立てるということなので、精神的にも良いです。

まとめ

というわけで、何でもいいので書き続けようと思います。ブログをどうしていこうか、つまり何かに特化したメディアにすべきかどうかとか考えた時期もありましたが、めんどくさくなってやめました。単純に思考のアウトプットの場として、ジャンルバラバラに書いていければオッケーです。

ではまた近いうちに!

« Older posts Newer posts »

Copyright © 2017 gutchinoのブログ

Theme by Anders NorenUp ↑